1. トップページ
  2. 顔のカサカサを放っておくと敏感肌になる

顔のカサカサを放っておくと敏感肌になる

実は怖いカサカサ肌の放置

顔がカサカサして乾燥している人は敏感肌な人も多いです。

まだ敏感肌ではないという人も、カサカサ期間が長引けばだんだんと化粧水や日焼け止めなどが染みるようになってくるかも。

カサカサ肌の肌は無防備

乾燥肌の肌は角質同士の隙間が大きいため、その隙間から肌内部への刺激が届きやすくなります。

本来、そういった刺激は神経細胞のある肌奥にはほとんど届きません。しかしカサカサ肌は違います。ひどくなると肌内部へ刺激が通りやすくなり、ちょっとしたことがすごく痛みとなります。

そして一度このように敏感肌に振れると、神経細胞がむくむくと肌表面に伸びてきます。するとますます刺激に弱くなり、痛みやかゆみなどの肌トラブルを続発することになります。

たかが保湿なのですが、このようなことを聞くと保湿は美容のためだけではないとても重要な事だと分かるはずです。

まだカサカサなのよね~って言っていられる今が最後のチャンスなのかもしれませんよ。本当に乾燥具合がひどくなるとカサカサとか言っていられないほど辛い状況になります。

特に普段海外製の化粧品を使っている人は、ある日急に染みてそれ以降使えなくなるということもあります。海外製の化粧品は元々肌質が強い外国人向けに調合されているため、肌質が弱い上に敏感肌になった肌には相当のダメージです。

当然、使える化粧品もあれこれ試して自分の肌に合うものを見つけなくてはならず、良さそうと思った化粧品が全く試せない、そのためエイジングケアなどやりたいことができないなど女性にとってはつらいこととなります。

保湿は本当に美容で一番気にかけるべきことです。保湿を放っておいて、美白やシワ・たるみ対策をしてもあまり効果が出ません。保湿ができていない肌は、どれもシミ、くすみ、シワ、たるみの原因となるからです。

特に敏感肌はつらいので、なるべく早めにちゃんとした効果の持続する保湿対策をしましょう。