1. トップページ
  2. 顔がカサカサに乾燥してしまう理由・原因

顔がカサカサに乾燥してしまう理由・原因

顔がカサカサの乾燥肌、保湿対策がうまくいっていない人に向けたページです。

あなたの乾燥肌ってこんな感じじゃないですか?

  • 保湿クリームを塗ってもすぐカサカサになる
  • 白い粉みたいに皮膚がポロポロ落ちる
  • 薄っすらと赤みを帯びている
  • 化粧水が染みて痛い
  • 有名な保湿コスメを使っているが満足できない
  • お化粧が脂浮きで崩れて持たない

以下では、なぜこの保湿化粧品(またはオールインワンゲル)がカサカサ解消にいいのか?その理由と、簡単な対処方法を紹介します。

顔のガサガサ乾燥肌は◯◯が重要です

保湿しても何してもすぐに乾燥して、皮むけ、粉吹き、ガサガサになってしまうんですよね?

なぜ保湿してもダメなのか?

理由は1つです。

表皮でセラミド・NMF生産ができていないからです。

これが改善すればガサガサ肌は治ります。ただ、普通に保湿しても大半は意味がないんです。

セラミド・NMF生産がうまくいくと肌がこんな風に綺麗になります

表皮でちゃんとセラミド・NMFが作られる状態になると、肌はビックリするほど綺麗になります。

  • キメが細かく整う
  • 透明感が増す
  • シミが薄くなる
  • 日焼けしにくくなる
  • エアコンが効いた部屋でも乾燥しなくなる
  • 化粧水なしでも平気になる

いろいろなメリットがありますよね。

今、顔がガサガサな割に何とかなっている、という人なら、カサカサが改善されれば相当見た目が変わるってことなんです。

なぜ?セラミド・NMFって何?

カサカサ肌が改善できるセラミド・NMFってなんでしょうか?

これは肌の一番表面、角質層にある成分のことです。どちらも大量の水分を抱えたり挟み込んで離さない性質があります。

これらが肌の一番表面で水分を維持。肌水分量を高めることで、刺激や異物を防ぐバリア機能を発揮します。さらに肌善玉菌の活動も活発にし、肌荒れを防ぎ、水分による透明感もアップさせちゃいます。

保湿というとヒアルロン酸やコラーゲンが有名ですが、最も保湿力が高いのはセラミドなんです。NMFはちょっと落ちますが、やはりヒアルロン酸等にはないメリットがあります。

セラミドとNMFは、

  • 化粧品で比較的かんたんに浸透させることができる
  • もともとあるべき場所に浸透するから馴染みやすい

という2つのメリットがあります。

ヒアルロン酸やコラーゲンは一時的にしか潤いを維持できません。だから保湿してもすぐにカサカサ感が戻ります

しかし、セラミド・NMFは角質層の中で水分をしっかりキープ。だから水分を長時間維持するから潤いのある肌になるんです。

セラミド・NMFが増えると…保湿を忘れてもカサカサにならない!?

カサカサが治るといっても、やっぱり保湿効果が続いている間だけなんでしょ?

と思いませんか?

しかし、セラミド・NMFが増えると、なんと保湿ケアをサボっていてもカサカサにならなくなります

そもそも、大昔の日本人の肌がカサカサだったかというとそうではありません。ろくな保湿化粧品がなくても艶やかな肌を維持できていたのです。その理由がセラミド・NMFです。

セラミド・NMFを増やすケアを続けると、自力で肌がセラミド・NMFを作れるようになります。

それはつまり、肌の生まれ変わり、ターンオーバーが正常になったという証拠。

ターンオーバーが正常になると、表皮細胞がしっかりと成長します。これまでよりキチキチに肌細胞が詰まるため、手で触ったときにキメの細かさを感じます。

目の粗い網より、細かい網のほうが手触りがいいですよね?毛糸のセーターより、シルクのシャツのほうがサラッとしているでしょ?

セラミド・NMFが増えると、肌も同じようにキメ細かくなり、水分量も高くて何も肌に塗らなくてもカサカサしない、艶やかな肌になるんです。つまりスッピンが明らかに変わるということ。

セラミド・NMFを増やすのに不可欠な条件は?

カサカサ乾燥肌の原因は、セラミド・NMF不足。特に、自力で増えないのが問題なんです。

これを解決するには、やはりセラミド・NMFを主体とした保湿化粧品を使うことですね。

ただ、セラミドは角質細胞同士の隙間に入り込むのでいいのですが、NMFは角質細胞の中にある成分です。なのでセラミドのほうが肌に馴染みやすく、保水力も高いので優秀。保湿化粧品を選ぶ際はセラミド中止のものを選びましょう。

しかし、最終的には保湿していないときでもカサカサしない肌になったほうがいいですよね?キメが整ってそれはもう雰囲気が変わるので。

そのために必要不可欠な条件は、

  • 十分な睡眠
  • ストレスが少ない
  • 肌が炎症を起こしていない
  • 十分な肌水分量がある

の4つです。

どれもターンオーバーに不可欠。つまり、セラミド・NMFが作られ、肌水分量が高まる条件なんです。

睡眠とストレスは解決が難しいでしょう。ただ重要なので改善できるとカサカサ感は一気に解消に向かいます。

ポイントは最後の2つ。

肌水分量の維持は、セラミド主体の保湿化粧品を使えばO.K.です。もしくは、リポソーム化されたちょっと特殊な保湿化粧品です(基礎化粧品タイプならこれらです。オールインワンタイプならこれらです)。これらを使えば、使わないときより、睡眠不足やストレス過多をかなりカバーできます。

セラミドコスメでカサカサ乾燥肌が変化しない?

セラミド主体の保湿化粧品を使ってもカサカサが解消しない人がいます。

その理由は肌の炎症です。

炎症というと肌荒れやニキビの赤色を連想しますが、目に見えない炎症。微弱炎症がセラミド・NMFの生産を邪魔してしまうんです。

セラミドやNMFは表皮細胞が役目を終えて、角質細胞に変化するときに作られます。しかし、肌が炎症を起こしていると、角質細胞にはちゃんとなるものの、セラミドとNMFがうまく作られないんです。

自分では炎症なんて起こしていないよ!と思っている人でも、炎症が鎮まるとものすごく肌に透明感が復活するんです。

だからセラミド主体の保湿化粧品を選ぶ際は、炎症についてもケアできるものを選ぶとなお良し!というわけなんです。

基礎化粧品タイプでなら、敏感肌専門ブランドのアヤナス、そしてビーグレン(b.glen)、HANAオーガニックが炎症もケアできて優秀ですね(基礎化粧品の一覧)。

オールインワンゲルなら、ビタミンC配合のリ・ダーマラボ、もしくはメディプラスゲルです(オールインワンゲルの一覧)。