1. トップページ
  2. 規則正しい生活で内蔵を健康に保って潤い肌を作ろう

規則正しい生活で内蔵を健康に保って潤い肌を作ろう

カサカサ肌を改善する生活習慣

体質改善とよく言われますが、肌の乾燥を根本的に治すにはやはり基本の生活習慣が大切なんですよ。

規則正しい生活

つまりはきちんとたっぷり良質の睡眠を取り、太陽とともにめざめるような生活です。もちろん社会人ともなれば、時にはハメをはずしたりおつきあいで夜遅くまで外で過ごす事もあるでしょう。しかし、こうしたライフスタイルを毎日繰り返すようでは肌荒れはもちろん、体の健康も奪われます。若いうちは体力で何とかなるように思えますが、肌が乾燥したりするのも「キツイキツイ」と体が訴えている証拠とも言えます。

暴飲暴食をしない

適度なお酒ならストレス解消にも良いでしょうが、飲み過ぎや食べ過ぎは気をつけましょう。どちらも内蔵が疲れて、結果的に体力が低下し免疫力が落ちます。体の内部が悪くなると、皮膚や肌にも影響が出ます。

乾燥と水分量は切っても切れない関係ですが、内蔵の中では腎臓の働きが大切なんです。体の水分量をコントロールする内臓器官であり、この腎臓や肝臓で水分以外の飲料の刺激を受けると働きが低下します。結果的に乾燥を起こしやすくなります。

アルコールだけでなく、コーヒーなどもそうですが、気分転換に飲むといった程度ならともかく、水がわりにガブガブのんでも「水分補給」にはなりません。逆に刺激を与えて内蔵の働きを悪くします。なるべき「水」を2リットル以上飲むように気をつけましょう。

体そのものを健康にし、水分量を保持することで、乾燥が防げます。